ビタミンBサプリメントでシミを予防!

シミは、紫外線を浴びたり、乾燥肌が進むことによってダメージを受けた肌がメラニン色素を大量に発生させたことによる黒ずみのことです。シミを早くなくすためには、紫外線によって傷つき、老化してしまった細胞の修復・再生がきちんと行われる必要があります。ビタミンBは、体内で栄養素がエネルギーに変換されるサイクルを活性化し、新陳代謝を促進させます。また、お肌の入れ替わりであるターンオーバーのサイクルを正常化して、古い細胞や組織の生まれ変わりを助けてくれます。ビタミンBは豚肉や魚などに多く含まれますが、普段の食事からなかなか取りきれないことが多いので、サプリメントで効率よく補うことが大切です。ビタミンBは水溶性のビタミンですから、万が一摂取しすぎてしまっても、尿に溶け出して体外に排出されるので安心です。きちんと摂取し、身体のエネルギーのめぐりをよくすることで、美肌を維持することができます。不足してしまうと、エネルギーの元であるブドウ糖が行き場をなくして血中にあふれ、高血糖状態になったり、皮脂の成分となって毛穴から過剰に分泌される原因となるので、毛穴が開いて目立ったり、てかりやニキビの原因になってしまいます。毎日きちんと摂取しながら、日焼け止めなどもきちんと活用し、お肌を紫外線によるダメージから保護することも大切です。日常のちょっとした気遣いで、お肌は若々しく保たれるので、気をつけてみてほしいと思います。

詳しくはこちらへシミ消す化粧品ランキング決定版

シミを改善する厚生労働省認可の美白成分4-メトキシサリチル酸カリウム塩

4-メトキシサリチル酸カリウム塩とは、医薬部外品として厚生労働省認可を受けた美白成分で、シミやそばかすなどのメラニン排出を促す作用に優れています。
美白の重要なポイントとなる「角質を軟らかくする」働きを持つサリチル酸を誘導する成分です。
略して「4MSK」とも呼ばれており、最近の美白研究において高く注目されています。

メラニンの蓄積に大きく影響するのは、肌のターンオーバーの乱れにより角質層が厚くなることです。
加齢や不規則な生活によって肌のターンオーバーが乱れると、角質層が厚くなるり、メラニンの排出が鈍ります。
通常、メラニンは紫外線を浴びたり刺激を受けたりすると増えますが、メラニンの排出が鈍化った肌では、日光などの刺激を受けなくても慢性的にメラニンが増えてしまい、どんどん蓄積されやすくなるという悪循環が生まれます。

そこで肌のターンオーバーを正常にしてメラニンの排出を活性化するのが4-メトキシサリチル酸カリウム塩の作用です。
また、メラニンの新たな生成を促すシロチナーゼという酵素を抑制する作用もあるため、シミやそばかすなどの予防と改善の効果も認められています。
「メラニンの排出を促進する」「メラニンの新たな生成を防ぐ」という2つの側面での優れた美白効果が期待できる、画期的な美白成分と言えます。

また、4-メトキシサリチル酸カリウム塩は厚生労働省認可の医薬部外品であるため、安心して使用することができます。

シミに効く成分:厚生労働省認可のトラネキサム酸

 トラネキサム酸は人工合成されたアミノ酸の一種で、止血剤や抗炎症剤として、主に内服薬や注射で用いられてきたものです。シミや肝斑の改善効果があることが以前より知られており、色素沈着改善の薬や、美白化粧品などに用いられてきました。また、市販の肝斑の治療薬の中にもこの成分が使用されているものがあります。
 トラネキサム酸にはメラノサイトの活性化を促すブラスミという成分の働きを抑える効果があり、シミや肝斑などの予防、改善に効果があります。この、色素沈着を改善する効果は、我が国では主に資生堂によって研究が行われ、同社の開発した誘導体は美白に対する有効性が認められ、厚生労働省認可を受けました。同社の美白化粧品だけでなく、現在では様々な化粧品に添加されています。
 外用でトラネキサム酸を使用しいる場合には重篤な副作用は起こらないとされていますが、内服する場合には注意が必要です。もともと止血剤として開発された成分であるため、血液を凝固させる力があるので、極めてまれですが血栓症をおこすことがあり得ます。そのため、心筋梗塞や脳血管障害、腎不全などのリスクが高い方やピルを服用されている方は服用前に医師に相談しましょう。また、2か月以上続けて飲んだ場合の安全性については確認されていないため、服用期間もしっかり守るようにしましょう。
 それらの注意事項さえ守れば、一般的に安全性の高い薬であるとされているので、内服により確実な美白効果が期待できます。また、繰り返しになりますが、外用する際には健康上のリスクとなるようなことは起こらないので、化粧品や塗り薬の使用に対して神経質になる必要は、一切ありません。

シミ対策として厚生労働省認可成分のコウジ酸

シミ対策のためにいろいろな成分のものが発見もしくは開発され、それらを添加された美白ローションや美容液などがいまやたくさん販売されています。それらの種類や効果、そしてどのようにシミに作用するのかはさまざまですが、その中厚生労働省認可された成分のひとつとして、コウジ酸があります。
コウジ酸とはご存知のとおり、発酵食品を作るため米麹を作って米を発酵させた際に生成されるものです。麹は主に、日本酒を作る際に用いられていることで有名です。
コウジ酸に美白効果があることは、米麹を扱って日本酒作りをしている人の手がたいへん白く美しいことから発見されました。そして、その米麹を使って作られる日本酒はもちろんのこと、その絞りかすである酒かすにも美白効果があることがわかりました。日本酒はずっと昔から、日本の女性が化粧水のようにお肌に付けていたそうです。また酒かすは発酵食品として摂取することで胃腸の調子を整えるとともに、その栄養価の高さで飲む点滴と言われているほどのたいへん美容効果の高いものです。さらに、酒かすを使ってパックをするという方法もあるそうです。
このように、昔から、そして今も大変美容効果の高い成分として重宝されています。一時期はそれを摂取することで肝臓への負担や発がん性が懸念されコスメへの添加が禁止されることがありましたが、飲用ではなく肌への塗布については全く問題ないことがわかり、解禁されました。
大変美白効果の高くしかも安心できる天然の材料なので、これが活用できるのは非常にありがたいことです。

厚生労働省認可のシミに効く成分、アンブチンについて

シミの原因の多くは紫外線によるものです。
紫外線が皮膚にあたると、活性酸素ができ、皮膚の表皮の基底層にある色素細胞(メラノサイト)が刺激を受けます。
メラノサイトのなかには、チロシンというアミノ酸があり、このアミノ酸にチロシナーゼという酵素が働いて、メラニン色素が作られます。
メラニン色素は、皮膚の真皮にある細胞のDNAを紫外線の害から守るために作られるのです。
ですから、健康な皮膚では、約28日で古い細胞がはがれおち、新しい細胞ができます(ターンオーバー)ので、日焼けした皮膚は、もとの状態に戻る事が出来るのです。
しかし、急にたくさんの紫外線を浴びたり、年をとって、ターンオーバーに時間がかかるようになりますと、メラニン色素が排出されずシミとなります。
このシミを消す厚生労働省認可の成分のひとつにアンブチンがあります。(厚生労働省認可の成分とは、医薬品ほどの効果はないのですが、有益な改善効果が証明されているものです。)
アンブチンはハイドロキノンによく似た化学物質です。
そして、ハイドロキノンと同じような効き方で効果を表します。
ハイドロキノンは、チロシナーゼの活性を抑える事で、メラニン色素 作らせないようにします。
更に、活性酸素を抑え、メラニン色素の色も消す作用があります。
そして、チロシナーゼの活性を抑える効果が、最も高いことで知られています。
効果が高いので、ハイドロキノンは、使い方に注意をしなければならないのですが、アンブチンは、安全で高い美白効果を持っています。

シミを消す厚生労働省認可の成分ビタミンC誘導体について

紫外線が、皮膚に当たると活性酸素が生じ、その影響で皮膚の表皮の基底層にある色素活性化細胞(メラノサイト)が刺激を受け、
メラノサイトの中にある、無色のアミノ酸チロシンに、チロシナーゼが反応して、ドーパ、ドーパキノンという物質をへて黒色のメラニン色素が出来ます。
出来あがったメラニン色素を含む細胞は、28日で、古い細胞がはがれおち、新しい細胞ができ(ターンオーバー)、日焼けした細胞は、垢となってはがれ、もとの白い細胞が出来ます。
メラニン色素とは、もともと皮膚の真皮にある細胞のDNAを紫外線の害から守るために作られるものです。
しかし、急に大量の紫外線を浴びてメラノサイトが暴走して大量のメラニン色素を作ったり、年をとって、細胞のターンオーバーが
うまく行かなくなると、シミとなって沈着します。
シミを消したり、薄くする物質のひとつに厚生労働省認可成分のビタミンC誘導体があります。
ビタミンCには、活性酸素を抑えたり、出来あがったメラニン色素を無色のドーパキノンに戻す性質があり、シミを消すのに有効な成分の一つです。
しかし、ビタミンCは、非常に不安定な物質で、体内に長くとどまっていることはできません。
そこで開発されたのが、ブドウ糖とビタミンCを結びつけたビタミンC誘導体で、水の中でも非常に安定で、皮膚に吸収されてからビタミンCがでて、その作用を発揮します。
他に 熱、光、水重金属の対しても安定で体内で有害な物質にならないので美白化粧品として広く利用されています。

産毛とシミとの関係

顔の産毛のケアというのは、例えばメイクのノリをよくするため等の理由でする人が大半ではないでしょうか。ですが、意外かもしれませんが、ムダ毛はシミの原因になることもあります。
先にも書いたように、顔の産毛は時にメイクの仕上がりに影響します。これは、ファンデーションを均一に伸ばすことの妨げとなり、ムラができてしまうからです。またファンデーションだけでなく、そのメーク下地もそうです。そして、同じことが顔用の紫外線カット剤にも言えます。ほとんどの人が、フェイスの紫外線対策として、紫外線カット剤入りの下地を塗るか、その効果があるファンデーションを使っていると思われますが、これらは汗などでよれたりしやすく、また産毛によって塗りムラが出来、そうなるとその部分は紫外線防止効果が減ってしまうことになります。
かといって、脱毛処理をしさえすればそれでいいというわけでもありません。と、いうのも、例えばカミソリなどでフェイスを剃った場合、ムダ毛だけでなくお肌の表面までもこすって、角質を削り取ってしまったり、小さな傷をつけてしまうことがあります。そんなお肌はバリア機能が弱まって紫外線のダメージを受けやすくなり、その結果、多く生成されてしまったメラニン色素でシミが出来てしまうことがあるからです。またこれはワックスなどを使った場合でもいえますし、脱毛クリームのような肌を溶かす成分が含まれているものの場合にも言えます。
ですので、紫外線カット剤を効果的に使用するには脱毛処理をしたほうがいいですが、その処理をする際、できるだけお肌にダメージを与えないよう気をつけるとともに、脱毛直後は紫外線対策を特に念入りにしましょう。

日焼け後のシミ対策について

シミを防ぐには、メラニン色素が生成されないようにすることが基本です。そのためには、直射日光に当たる場合は日焼け止めを塗ったり、あるいは日傘や帽子などを活用して紫外線の影響を受けないよう工夫をすることが必要です。
それでも、どんなに防ごうとしても、日焼け止めが汗でよれていたり、予想以上に長時間日光を浴びてしまったなどして、うっかり日焼けをしてしまうことがあります。そんな際には、日焼け後のケアをしっかりすることで、ダメージを最小限にしてシミになるのを防ぎましょう。
まず日焼けをした直後に肌がひりひりして赤くなっている場合は炎症を起こしていますので、冷水などで丁寧に冷やします。その後、ローションで丁寧に保湿をし、日焼けによって水分不足になっているお肌をケアします。ローションは特に美白効果のあるものを使うとなお良いでしょう。また、日焼けをした後でさらに日光に当ててしまうと、お肌が弱まっている上に重ねてダメージを与えてしまいますので、日光が当たるのをできるだけ防ぐにします。また摩擦も刺激になりますので、出来るだけ避けましょう。
皮膚の中に生成されたメラニン色素は、新陳代謝が正常に行われば、お肌のターンオーバーによりスムーズに排出されます。ですので、新陳代謝が活発に行われるように、お肌の生成を促進するビタミンC、Bをはじめ、たんぱく質、ミネラルなどの栄養が取れるようにバランスのとれた食生活を心がけるとともに、睡眠をしっかりとりましょう。

シミに絹を使って対策しよう

シミには絹の力を利用して対策をすることができます。なぜなら、シルクに含まれるフィブロインは注目されている美容成分で、シミにも効果が期待できるからです。シルクの主成分であるフィブロインは、人間の肌に馴染みやすい成分です。利用することにより細胞の再生を促す効果が期待でき、皮膚の再生治療にも効果が期待されています。絹を使ったコスメは様々なものが発売されていますので、自分に合ったものを選んで利用することができます。シルクを利用した化粧品としては、洗顔石けんやクレンジング、ローション、クリーム、ジェル、美容液、乳液、BBクリーム、パウダーなど様々なものが発売されています。シルクのパウダーなども効果的に利用することができます。シルクパウダーは日中はもちろん、夜にも利用することができます。シミをはじめ、乾燥肌やテカリ予防、ニキビ、乾燥肌、アトピーでお悩みの方にも使うことができるアイテムです。酸化予防や皮脂コントロールの効果があるので毛穴の黒ずみ対策としても効果的に使うことができます。シルクのパウダーには紫外線予防の効果も期待することができます。肌が弱くて効果的なケアが出来ないとお悩みの方でも、シルクを利用した化粧品であれば安心して使うことができます。様々なシルク製品もありますので、あわせて利用することで効果的にスキンケアをすることができます。自分に合った絹の化粧品や製品を利用して、効果的なスキンケアに役立てるとよいです。

マッサージでシミを撃退しよう!

シミは年とともに増えていき、悩みの種ですよね。日に当たらないようにとがんばっても、やはりふえてしまう。そこで、そんなシミが少しでも薄くなるようにマッサージ方法をご紹介します。まず、なぜできてしまうのでしょうか。紫外線にあたると肌は大きなダメージを受けるので、肌を守るために出されるものがメラニン色素です。メラニン色素は肌を黒くしてしまいますが、実は紫外線から肌を守っているのです。そのメラニン色素は肌の大体28日周期で行われる、ターンオーバー(生まれ変わり)によって剥がれ落ちるのですが、肌の新陳代謝が悪く肌のターンオーバーがうまくかないと、そのまま肌に残ってしまいシミとなってしまうのです。ですから、新陳代謝をよくするマッサージをやればよいわけです。どのようにやるといいかというと、顔にあるツボを押せばよいです。ツボは3つあります。一つ目は眉毛の生え際部分。二つ目は目頭の上のくぼみ。三つ目は下唇の2,3センチ下のくぼみ。それらを、左右どちらも気持ちいいと感じる程度で、4,5回押します。指圧が強すぎると、効果がなくなってしまうので注意してください。血行をよくするために自分でフェイシャルマッサージをするひとがいますが、十分注意してください。力のかけすぎなどで摩擦がおきて、逆にメラニン色素が放出されてしまいます。ツボを押すだけで消えることはないですが、普段のケアと併用しながら取り組むといいとおもいます。